2011年 11月 03日

ヨーロッパの面影

物心ならぬ旅心ついて以来10数年、
秋はたいがい旅に出ていた気がします。
だからか?
この時期になると細胞が勝手に活性化して
旅に出たい〜旅に出たい〜と騒ぎます。
でもでも今年はもうダメダメ〜
そんな時はヨーロッパに関する色んなものに接して
気を紛らわします。
で、先日は日本画の巨匠、東山魁夷の記念館に行ってきました。
ヨーロッパにあまり関係がないようでいて
実は若き日にドイツに留学。
その翌年のヨーロッパを巡る旅での
貴重な体験が、彼の芸術形成に大きく
影響したといいます。
その後日本を代表する風景画家としての
地位を確立して、再び訪れた思い出の地。
今展ではドイツ・オーストリアを描いた作品を集めて展示していました。
d0219864_1326788.jpg

この「晩鐘」という作品。
藍色に染まりゆく街と
黒く、幻想的なシルエットで佇む塔。
実際にある街の筈なのに
どこにもない場所のようでもある。
行った事はないけど見たような気もする。
そうか、これが「心の中の風景」なのか。
なんつって。浸りました。。
ちなみに、

d0219864_1326841.jpg


d0219864_1326888.jpg

上、東山魁夷。
下、ハンマースホイという画家の絵。
デンマークの人でこちらも好き。
この独特の寂寥感と静けさ、
似てませんか?
[PR]

by kuri-kana | 2011-11-03 00:35 | クリコ旅 | Comments(6)
Commented by nori-ka at 2011-11-04 18:37 x
クリコさまノリコです。この秋私も旅に出られないので旅に行った気持ちになるべくこちらのブログを溯ってのぞかせていただいてたところです。偶然流れてたフジフィルムのCMを、ん?デジャヴ?と二度見。それはこちらで拝見したばかりのプラハの市民会館で。もう行った気になってました(未訪なのに笑)
東山魁夷の絵には右の路地からカラダ半分のぞかせてる黒猫、
ハンマースホイの絵の陽だまりに、丸く鎮座した三毛猫をつい描き込んでみました・・・脳内で。
Commented by 田島幸枝 at 2011-11-04 20:49 x
うーん!いいですね。
旅心わかります。
ちなみに先日話したパリ旅行、一月後半から二月頭になりました!買い出しのお時間合えば落ち合いたいですね~d(^_^o)
また近々クリコに遊びに行くので、その時にお話したいです♪
Commented by kuri-kana at 2011-11-05 00:40
ノリコさま、そうそう私も昨日CM見て気付きました〜!
プラハは本当にフォトジェニックな街というか…実際歩いていると
よく撮影隊を見かけたりします。ノリコさんにも是非実物を見に行ってほしい〜。さて、猫のいる風景。私も想像してみました。
なかなか良い感じ!東山魁夷もハンマースホイも人物が殆どいないのが特徴ですけど、猫、いいですね!
Commented by kuri-kana at 2011-11-05 00:41
田島さーん、パリ計画聞きたい聞きたい〜!
近いうちに!
Commented by tengyo at 2011-11-30 02:34 x
最高!こんな素敵な絵を載せてくれてありがとう!ヨーロッパにいてもいいものを見ると一段と浸れるなり★
Commented by kuri-kana at 2011-11-30 15:44
tengyoさん!東山魁夷の描くヨーロッパはどこか日本の童話的な
雰囲気も漂っていて、寂しいけど温かい。tengyoさんは今その中にいるんだもんね〜そりゃ浸っちゃうよね!!


<< 肌寒い季節に      お隣さん同士の >>