2011年 12月 15日

いたずら者

北ドイツに実在したという道化者
ティル・オイレンシュピーゲル。
とんちとイタズラ好きだったという
彼の愉快な生涯は、
ドイツで民衆本が発行されたり
シュトラウスが交響詩にした程。
ドイツの名陶ローゼンタール社でも
彼逸話を題材にしたシリーズが
出ていたようです。
ベルリンで見つけた古いプレート。
厚手で頑丈な象牙色の地に
黒だけで絵付けして、
何となく北欧神話のような趣。


d0219864_1852963.jpg

[PR]

by kuri-kana | 2011-12-15 17:52 | お店のこと | Comments(0)


<< フワフワとワル。      グヤーシュスープ >>